てとりす@CЯLASH DUMMY

記事一覧(9)

アルバム「JUKE BOX」のヒミツ

CЯLASH DUMMYの2nd album「JUKE BOX」をリリースしてから2年が経ちました。この2年はなかなかコンスタントに活動出来ない期間だったにも関わらず、色んな場所で、沢山の方にこのCDを手に取っていただきました。未熟ながらも精一杯頑張ってこだわって作った物を、皆さんのお家に持ち帰っていただき、ライブではない場所でもクラダミの音を聴きたいと思ってもらえる事、本当にありがたく嬉しい気持ちでいっぱいです。さて、そんな「JUKE BOX」について。2年経ったんだし、という事で、製作当時を振り返る意味も含めて、ちょこっとこのCDが完成するまでを語ってみようかな、と思い立ちました。クラダミのCD、実は過去にリリースした1st・無料配布も含め、全てが手作りです。レコーディングからミックス・マスタリング、ジャケットや歌詞カードのデザイン、印刷、裁断、梱包。これら全てをメンバー5人で行っています。ミックスやマスタリングなどの音作りの部分に関しては、いつも心羽に頼りっぱなし。ライブとは一味違う雰囲気のアレンジを加えていたりするのも心羽のセンス。短いスケジュールの中でいつも最大限のものを作ろうと努力してくれています。本当にありがとうね。さて、音源が完成したら、後は形にするだけ。メンバー全員でアルバムのコンセプトやジャケット案を話し合い、おおまかなデザインを決めたら、持ち帰ったその案をパソコンでデータ化するのが俺、てとりすのお仕事です。CDの顔となるジャケット、歌詞カード、CD盤面などなどをデザインし、印刷するためのデータを作成します。幸い俺はパソコンでお絵描きしたり作業するのが好きなので、うーんうーんと悩み苦しみながらも毎回なんだかんだで楽しく作業してます。データ作成したら、後はみんなでひたすら内職!印刷して、折って、ホチキスして、切って、ケースに入れて、袋に入れて完成。文字で書くとあっという間ですが、これが案外時間も手間も掛かるんだなぁ。